証券会社の選び方

証券会社の基礎知識

証券会社の役割

証券会社の役割とは、投資家と株式や証券などの取り引きが、スムーズにいくようにする為の仲介役です。

証券会社は投資家と直接、取引を行うのではなく、投資家と取引があるのは取引所の間で取引が上手くいくように、動いてくれます。この為、証券会社は投資家と取引所でどんなにお金が移動しても、証券会社の儲けになる訳ではなく、あくまでも仲介役としての手数料で儲けを得ています。

証券会社の仕事は大きく4つに分ける事ができ、最もメインの業務としてブローカー業務があります。ブローカー業務とは、証券取引所へ投資家から受けた依頼を取り次いで、有価証券の取引を成立させる業務です。

このように、株などの商品を買いたいと希望する投資家と、株を売りたいと考える企業の間に立って、取引を成立させる事が証券会社の役割であると言えます。

証券会社の役割はブローカー業務以外に、投資家や企業の状況を把握して、株式の売りを判断したり、投資家に買い時を示唆するといったアドバイスをしたり、有価証券の市場における、相場の動向や評価の分析を行うアナリスト業務を行う事も、証券会社の役割となっています。

このように、株式投資において取引がしやすい環境を作るのが証券会社の役割であり、証券会社が投資業界での主役のように感じてしまいますが、実際は脇を固める役割が証券会社なのです。最近では、オンライン証券が盛んになっているので、オンライントレードの環境を快適にする為、独自のツールの開発を行い、トレーダーに利用して貰う事も証券会社の新たな役割となっています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 証券会社の選び方 All Rights Reserved.