証券会社の選び方

証券会社の基礎知識

証券会社の動向

日本では明治時代に初めて、証券取引所が設立されました。現在、日本の証券取引所では、東京証券取引所、大阪証券取引所、そして名古屋証券取引所の3つの証券取引所がメインの取引所となっており、日本経済になくてはならない存在となっています。

戦後は経済の自由化、民営化が進んだ事もあり、日本の市場は大きく飛躍し、いわゆるバブル期には世界3大市場として、アメリカのニューヨーク市場、イギリスのロンドン市場と並び、日本の東京市場があったほど、日本の市場は世界に注目されていました。

現在は、日本の東京証券取引所に代わって、中国の上海証券取引所が3大市場として挙げられているとされています。

日本の証券業界は、これまで野村証券が牛耳っており、投資を行う場合には野村証券を中心として成長してきました。しかし、1999年に株式売買が自由化された事から、松井証券が初めてオンライン証券のサービスを開始し、現在は楽天証券やSBI証券などオンライン専門の証券会社も多くなり、日本の証券取引の中心となっています。

これは、インターネットの普及によって、これまで一般人には敷居の高かった株式などの取引を、簡単に始める事が可能になった事が関係しており、オンライン専門の証券会社という事で、投資家と直接対面する事なくサービスの提供が出来るので、大幅なコストダウンが可能となって、一般的な証券会社に比べて、オンライン専門の証券会社は手数料が低価格である事がなどが関係しています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 証券会社の選び方 All Rights Reserved.