証券会社の選び方

証券会社の基礎知識

証券化

証券化とは、資産の流用を目的として、債権や不動産といったお金にし難い財産を有価証券にして売買しやすくする事をいいます。債権や不動産のままでは、財産を動かす事は難しいですが、これらの資産を証券化して有価証券にする事で、売買しやすくして資金を作ったり、処理したりする事が可能になります。

資産の証券化には、債権の証券化と不動産の証券化の2つに分ける事が出来ます。不動産などの資産は、そのままで売買する事も可能ですが、土地を売買するには時間がかかってしまいます。

しかし、証券化することで、スムーズな売買が可能となって現金を扱うように資産を扱う事が出来るようになります。証券化することで、資産を流動的に扱う事ができるようになり、資金を調達する事が出来るのです。調達できた資金は、借金の返済に充てたり、新規事業の開拓費としても利用が出来ます。

また、資産を証券化する事で、投資リスクを分散させる事が可能になります。基本的に、不動産の状態では、資産を分散させる事が出来ないので、投資リスクを抑える事がむずかしくあります。

しかし、証券化する事で不動産の資産を小口化する事が出来、色々な銘柄に投資する事ができるようになるので、リスクを軽減する事が可能になります。

証券化する事で、もともとはひとつの資産であってものが、分散されて複数の利益を生む可能性が出る事で、証券化する企業にメリットがあり、投資家は証券化されて分散された資産に投資する事で、大きなリスクを避けることが出来ます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 証券会社の選び方 All Rights Reserved.