証券会社の選び方

証券会社の基礎知識

銀行と証券会社

証券会社と銀行は、以前は役割が大きく異なっていましたが、近年ははっきりとした違いが少なくなってきているとされています。基本的に、株という資産を預けるのが証券会社で、お金を預けるのが銀行となっています。

銀行では、貯金という形で資金を集め、そのお金を元手に融資などを行っています。証券会社では、直接資金を扱う事はなく、投資家から預かった資産を取引所で取引させる事が役割であり、証券会社自体が預かった株式を元手に事業を行う事はありません。

このように、銀行と証券会社には、間接金融と直接金融といった違いがあります。銀行の場合、貯金をした個人や金業のお金から、お金の融資を必要としている別の個人や企業に、銀行の判断によって、融資するかどうかを決めています。

この為、もともとの出資者である貯金している個人や企業は、融資を望む個人や企業と直接やり取りを行わず、間接金融といいます。証券会社の場合、証券会社に取引の決定権はなく、株式などの資産を持っている企業に、投資家である個人や企業の依頼を通す仲介の役割をしているだけで直接取引を行っている事になる為、直接金融といいます。

ただ、最近では、銀行にも証券仲介業務が認められているので、銀行でも証券取引を行う事が増えており、証券取引が証券会社の特権ではなくって来ています。しかし、オンライン証券などが普及して、証券業界も変化し続けているので、銀行に証券会社が仕事を奪われてしまうという事はありません。

スポンサードリンク

Copyright (C) 証券会社の選び方 All Rights Reserved.