証券会社の選び方

証券会社の扱う金融商品

不動産投資

不動産投資では、マンションや土地などの不動産を購入して利益を出します。不動産投資では、自分で住む為に土地や不動産を購入するのではなく、利益を出す事を目的として不動産の購入を行っており、購入した土地などの不動産を人に貸す事で、賃貸料を得て利益を出したり、土地の値段が高騰した際に売りに出すなどして利益を生み出します。

不動産投資では、賃貸料として定期的に発生する利益はインカムゲイン、不動産を売却して一気に資金を得る場合をキャピタルゲインといいます。

しかし、せっかく高額の値段で土地や不動産を購入しても、人が借りてくれなければ賃貸料は発生しませんし、土地の値段が購入価格よりも値下がりしてしまえば、キャピタルゲインはマイナスになってしまい、株式と同様にリスクもリターンも存在しています。

ただ、不動産は株式のように会社が倒産して株式の価値が0円となるハイリスクはなく、土地や動産という実態のあるものを投資対象にしているので、価値が下がる事はあっても価値が0円となる可能性は、まずないといえます。

この為、ハイリスクハイリターンといわれる株式に対して、不動産投資はミドルリスクミドルルターンと言われています。このように、不動産はリスクが高く、また、商品が非常に高額となっているので、一般人が気軽に投資が出来ません。そこで、リスクを細分化して、気軽に投資が行えるように、不動産を証券化して取引が行われています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 証券会社の選び方 All Rights Reserved.