証券会社の選び方

証券会社の扱う金融商品

金ETF

金ETFとは、金の価格に投資していく金融商品です。金ETFは先物取引の金を扱うのとは異なり、金の価格に連動した社債などの債券に投資することで、金の現物を購入するよりも少額で投資を行う事が出来るのです。

一般的に、金は株式などのレートとは異なる変動をするので、株式市場が暴落するような際には、逆に金の価格は高騰しやすいとされています。ただ、一般的にイメージされる延べ棒などの金は、数千万円といった高額を用意できる富裕層ぢか取り扱う事が出来ず、一般人は金での資産流用はほとんど行われて来ませんでした。

しかし、金ETFの場合は、一口3000円程度で取引されており、一般人も手を出しやすい価格となっている為、株式に不信感を感じている人は、株式を売却して金ETFに乗り換える人も多いとされています。

金ETFは証券会社で口座を開設していれば、誰でも取引が可能になります。また、一般的な金の積み立てとは違い、金自体を取引している訳ではないので、保有手数料なども1円もかからずに取引が可能になっています。

ただ、金ETFも口座を開設した証券会社によって、取引を行う際の手数料が異なります。会社によっては、非常に格安の手数料価格となっている場合もあるので、今後は株式と同様に活発に取引が行われると予測されています。

特に、現在は世界的な恐慌に見舞われており、株式は暴落する可能性が高く、金ETFへの切り替えの見直しが盛んに行われているとされています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 証券会社の選び方 All Rights Reserved.