証券会社の選び方

証券会社の扱う金融商品

外貨MMF

MMFとは、MRFと似た金融商品で、公社債などに投資することをいいます。MMFとMRFは、どちらも運用状況によって毎月利益が付き、再投資が行われるのですが、MMFはより利回りを重視したい場合にお勧めとなっています。

MMFはMRFに比べて若干利率が高く、短期で解約した場合にペナルティが発生するといった制約があります。外貨MMFは、ドルやユーロといった外貨で運用する事になります。

通常のMMFとの違いとして、短期の解約でもペナルティが発生しないとされ、MMFと同じく安全性の高い金融商品といわれています。

外貨MMFは外貨預金やFXと比べて、金利が高く税金の面で有利といわれているので、特に外貨投資の初心者が行うのがいいとされています。ただ、外貨MMFが非常に安全性の高いMRFとの違って換金性ではなく、利回り重視と言われているのは、安全性の高い投資先なので元本割れがする事が無くても、外貨において元本割れしないという事であり、為替レートの結果で円安になれば損失が発生する事になります。

逆に、円高になっていれば大きく利益を出す事ができるので、リスクを抑えて徐々に外貨で利益をだしたいと考えている人に向いているとされています。

外貨MMFはほとんどの証券会社が取り扱っている金融商品で、低価格の手数料で取り扱われています。ただ、利益は出ても僅かに利益を生み出していくので、外貨で短期間に大きく利益を出したいと考えている場合は、FXなどの金融商品を行う方がいいとされます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 証券会社の選び方 All Rights Reserved.