証券会社の選び方

投資の基礎知識

投資信託

投資信託とは、個人で投資を行うのではなく、資金や株式などの証券を信託銀行に預ける事で、個人個人の資産をひとつにまとめて大きな資金とし、投資のプロが投資を行う事をいいます。

プロの投資家である信用銀行が、個々に集めた債券や株式を運用して、その運用でもたらされた収益を、みんなで分配する事をいいます。投資信託を行うことで、個人では少ない投資金額でも多くの投資家から資金を集めて巨額の資金とする事で、効率的に資金運用を行う事ができ、大きな利益を生み出す事ができるとされています。

投資信託は証券会社をはじめ、銀行や保険会社、また投資信託専門会社に申し込む事で行えます。一度、これらの金融機関に資金を預けたら、プロが運用してくれるので、自分で投資を行う必要はありません。

何もしなくても、投資信託の運用で利益が生み出されれば、預けた資金によって利益が配当されます。貯金などで毎年金利が少しずつ入ってくるように、黙っていても資産が増えていきますが、貯金と投資信託の違いでは、貯金が利率が僅かになっても元金が減る事は決してありません。

しかし、投資信託の場合、運用状況によっては利益が発生せずにマイナスになってしまう可能性があります。マイナスになれば、預けた元金が減ってしまう事になり、これが銀行の貯金と投資信託との違いとなっています。

投資信託では、運用を行っているのは自分ではなくても、預けて運用して貰う事を決めたのは自分になるので、マイナスとなった元金は戻っては来ません。

スポンサードリンク

Copyright (C) 証券会社の選び方 All Rights Reserved.