証券会社の選び方

投資の基礎知識

投資と投機

株式などを購入して資産運用する事を投資といい、現在の購入した価格よりも将来的に利益を算出できると予測して行っていきます。特に、会社を立ち上げたいと考えている会社が発行する株式などは、現在ではほとんど価値の無いものであっても、将来的に事業が成功して利益を生み出すようになれば、大きな利益を配当金として得る事が出来るようになります。

また、不動産などへの投資も、将来的に賃貸料や土地高騰などで莫大な利益となる事を見越して、投資を行う事になります。このように、一般的に投資とは時間をかけて収益を出すよう、将来を見越して資産運用を行うことをいいます。

対して投機とは、投資とほとんど同じではありますが、時間をかけない投資の事をいいます。投機では、タイミングを重視した取引が行われ、最近ではデイトレードと呼ばれる投資スタイルが投機にあたります。

投資する場合は、投資対象をきちんと見極めて、世界情勢や社会にニーズなども考慮して行うことが望まれますが、投機の場合は、投資する対象の質は重要ではなく、瞬間的に変動するレードの中で、最安値で購入して価値が上がればすぐに売却して利益をだす投資スタイルです。

投資が難しいとされるのは、元金よりも価値が上がった場合に、どこまで価値が上がるか見極めなくてはならないからです。

この逆の場合もあり、価値が下がった場合に、すぐに元に戻るのか、このまま下がり続けるかを判断して、少ない損失ですむようにする見極めが重要です。投機では深く商品の見極めは行わずに、タイミング毎に売買を繰り返して、小さな差額を積み上げて利益にします。

スポンサードリンク

Copyright (C) 証券会社の選び方 All Rights Reserved.